プロペシア 副作用 

プロペシア副作用は肝臓にもダメージを与えるの?

作用の強い医薬品プロペシアは、育毛効果の分だけ強い副作用を伴うリスクがあることを忘れてはいけません。プロペシアの服用には医師の処方が必要なのですが、万一専門家である医師でも判断しきれないことも無いとは言えません。

 

では、プロペシアには一体どのような副作用があるのでしょうか。

 

プロペシア,副作用,肝臓

まず、プロペシアの主成分であるフィナステリドには、男性ホルモンの働きを抑えて脱毛症状を改善する効果があります。男性ホルモンに作用すると言うことで、精力減退勃起不全などの副作用が言われています。ちなみに、この副作用は、実際にプロペシアを摂取した方が実感したようです。正直使うのは怖いです。健康を害する可能性がある副作用は出来れば全く無縁で育毛対策をするべきです!

 

プロペシア副作用は肝臓にもダメージを与えるの?

それから、この肝臓への副作用に関してもあくまでも可能性なのですが、副作用として一般財団法人日本医薬治療センター(JAPIC)では肝機能へ悪影響を及ぼす恐れがあるとしています。肝臓はものすごく大切な臓器ですので、ここに副作用の可能性のあるプロペシアは恐ろしいものです。プロペシアの成分に限らず体内に取り入れたものは全て、肝臓で分解されます。肝臓には解毒作用があって、体内に取り入れた有害な成分を無害な形にする役割も果たしているのです。正直副作用は洒落になりませんので注意が必要です。

 

このように考えると、肝臓が健康な方でもプロペシアの副作用決して大丈夫とは言い切れませんね。なので、特に肝臓の病気を患っている方の場合は、尚更プロペシアの成分を上手く分解できず肝臓の不調に繋がる危険性があります。育毛を考えている方の中には、「プロペシアの使用を考えているが、副作用が心配。」と言って不安ながらも使用している方は多いものです。肝臓に副作用のあるような商品を使うことは、出来れば誰でも避けたいものです。

 

肝臓への副作用を心配するくらいなら、初めからプロペシアは止めておいた方が無難でしょう。

 

劇的な効果と言う点ではプロペシア医薬品には劣るかも知れませんが、医薬部外品や化粧品の育毛剤でも育毛効果が副作用を心配せずに実感できるものはたくさんあります。これらの良さと言えば、やはりプロペシアの副作用などの危険性を考えずに気軽に使用できることです。育毛と言えども、やはり頭皮や髪の毛だけではなく、体全体の安全性には変えられないのではないでしょうか。

 

肝臓に副作用でリスクを与えてしまうプロペシアなど使用は避けることが一番

 

では、どうやってプロペシアの副作用のリスクなどはなしに育毛させるのべきでしょうか?

 

まずは肝臓などの副作用を心配せずに、安全にはげを防止して、育毛効果を促進させるプロペシアを使わない、安心の育毛剤を使用すれば良いのです↓↓

 

今話題沸騰中の副作用のない安全育毛剤ランキング!

チャップアップ(全額返金保証付きでリスクなし!)

chupup

 

ミノキシジル同様の効果が期待できる
★100人中97人が育毛効果を実感
★育毛成分と頭皮ケア成分を効率良く配合
★ナツシロギクの有効成分で頭皮の炎症を改善
★超即育毛定期便なら送料&代引き手数料が無料
★過剰な皮脂分泌による毛穴詰まりを改善
★短縮した髪の成長期を正常化
★毛根のエネルギー源となるアミノ酸を豊富に配合
★動物実験でも発毛を促進する効果が実証されている
★育毛ローション1本と育毛サプリ1箱の定期便で56%もお得に
★初回は半額以下の値段で購入可能
★抜け毛を促進する男性ホルモンの作用を抑制して抜け毛を回避
★プロペシアのような副作用の心配がない!

 

■価格・量・保証

  • 9,090円〜
  • 120ml
  • 30日間返金保証

chupup

 

 

薬用プランテル

plantel

 

3ヶ月以上の継続利用者多数の人気の育毛剤
★厳格な安全検査を受けた安心の医薬部外品
★タマサキツヅラフジのセファランチンで血流を促進
★3大育毛成分のバランスの良い配合で正しい発毛サイクルを実現
★ずっと30%割引で賢く継続利用できる
★プロペシアのような副作用の心配がない!

 

■価格・量・保証

  • 6980円〜
  • 150ml
  • 30日間返金保証

plantel

 

 

M-1育毛ミスト

m-1

 

★累計販売本数35万本突破の大ヒット商品
★頭皮環境を整えるのに必要な成分のみを配合
★毛乳頭の繊毛を約1.6倍にする育毛力
★コラーゲンやエラスチンなどの美容成分の生成を促して頭皮環境を整える
★特別価格でずっと800円OFFで利用できる定期コース
★プロペシアのような副作用の心配がない!

 

■価格・量・保証

  • 9,800円
  • 200ml
  • 30日間返金保証

m-1_mist

 

 

育毛剤BUBKA

bubuka

 

★薄毛の原因・種類を徹底的に研究して開発された育毛剤
★他の育毛剤を圧倒する有力育毛成分M−034エキス配合
★髪の毛の退行を抑えて育毛を促進
★成長維持因子グロスファクターを生成
★毎回サプリも付いてくる定期コース
★プロペシアのような副作用の心配がない!

 

■価格・量・保証

  • 11,664円〜
  • 120ml
  • 30日間返金保証

bubuka

 

 

薬用ポリピュア

polypure

 

★毎月2万人以上が実践してる育毛剤
爽やかでさらっとした感覚
★頭皮のフケやかゆみにも効果的
★女性の産後の脱毛の悩みも解消してくれる
★定期コースで利用すれば送料650円が無料
★プロペシアのような副作用の心配がない!

 

■価格・量・保証

  • 7,800円
  • 120ml
  • 30日間返金保証

polypure

 

 

プロペシアの副作用の一つ、肝機能障害は大変怖いものです。

肝機能障害とは、肝臓が何かの障害を起こし、それによって正常な機能を失割れてしまうことです。そして怖いのが肝機能障害は、自覚症状があまりないことです、仮に肝機能障害がひどくなってくると食欲不振や全身の倦怠感などのつらい症状がだんだんとあらわれてきます。さらに悪化すると肝硬変や肝臓がんに発展する恐ろしい可能性もあるのです。分かりやすく言うとお酒の飲み過ぎよりも、プロペシアの毎日の服用の方が、肝機能障害を起こす可能性が高いとも言われております。ですので、元々飲み過ぎなどで肝臓が既に弱っている方は、副作用の可能性を医師に相談しながらプロペシアを慎重に服用して行かなければならないのです。

 

プロペシアは年齢制限、性別制限有り

 

プロペシアは誰でも使用できる育毛剤と言う訳ではありません。副作用を考慮する必要があります

 

男性型脱毛症に大きな効果が期待できる代わりに、強い医薬品の作用から使用してはいけない方もたくさんいます。プロペシアは副作用を考慮すると年齢制限有り、性別制限有りの限られた方しか使用することの出来ない育毛剤なのです。

 

まず、年齢的に20歳以上の成人しか使用することが出来ません。プロペシアが育毛効果を発揮するのは、脱毛症状を引き起こす男性ホルモンの分泌を抑制するからなのです。プロペシアのこの効果に対する副作用の代償もついてくるものです。

 

さすがに、10代のホルモンバランスが安定しないうちから、「男性ホルモンが強くて薄毛になった。」という判断はし難いものですよね。こんな時にプロペシアで男性ホルモンを抑えつけてしまうと、副作用としてホルモンバランスを崩してしまう危険性があります。こんな副作用だけは避けましょう。なので、未成年の方はプロペシアを利用することは考えず、副作用と関係のない食生活や生活習慣と整えることを考えましょう。

 

育毛剤を使用するとしたら、副作用のない効果の緩やかな医薬部外品や化粧品にしておきましょう。それから、プロペシアは女性の使用は禁止されています。クリニックで診察を受けて医師に「処方してください。」と頼んでも、処方してもらえません。プロペシアの副作用は危険ですので、絶対に女性にはおすすめできません。

 

女性の薄毛は男性ホルモンではなく、閉経後のホルモンバランス、生活習慣、食生活、ストレス、ヘアケアなどが関係していることが多いからなのです。効果の面だけではなく、副作用の危険性を考えてみてもリスクの方が圧倒的に高いようです。

 

ちなみに、医薬部外品や化粧品の育毛剤の中には、頭皮のデリケートな女性やお子さんが使用しても大丈夫なくらい低刺激で肌に優しい成分が使われているものも多いようです。こういうものであれば、安心して育毛対策に取り組めそうですね。ただ、成人男性でプロペシアを使用しても大丈夫な状況でも、副作用を考慮して未成年や女性の使用できない作用の強いプロペシアの使用は出来る限り避けた方が良いかも知れませんね。

 

プロペシアには効果が高い分の副作用もあるのですから。

 

副作用の可能性があるプロペシアは全額自己負担

 

「プロペシアは医者で処方してもらわなければならない育毛剤なので、診察費用も育毛剤の費用も保険が適用になるのでは?」こんなふうに思っている方は、実際に医者にかかった時に思ってもいなかった金額を提示されて驚くことになりますよ。プロペシアは副作用の可能性があるのに料金も高いのです。

 

実は、保険が適用されるのは、怪我や病気の治療と見なされる医療行為に対してだけなのです。育毛に関する診察や薬は、怪我や病気の治療ではなく美容としての治療と見なされるので、残念ながら保険は適用されないのです。つまり、プロペシアを使用した治療は全額自己負担で、月に1万円程の費用が必要になると言われています。だからこそ、少しでも費用を抑えるために、個人輸入に手を出してしまう方も少なくないようですね。確かに、個人輸入だとプロペシアだけではなく、プロペシアよりも安価に購入できるプロペシアのジェネリック医薬品もあります。

 

ジェネリック医薬品だと、安いものでプロペシアの10分の1くらいの費用で購入できるようですね。ただ、個人輸入はあくまでも自己責任になってしまうので、医者での処方とは違ってリスクが伴います。厚生労働省でも、個人輸入に対して注意を喚起しているようですね。個人輸入では顔の見えない相手と取引する訳なので、商品を受け取るまでは確実な商品を送り届けてもらえるのか分かりません。

 

医者で処方してもらえば国家資格を持っている専門家が保証した育毛剤なので、確実性の高いものしか提供しないでしょう。

 

医師に処方してもらう費用の高さは、副作用の安心や安全を保障してくれる費用でもありますよね。とは言っても、値段のことを考えるなら、プロペシアではなくリスクの伴う個人輸入でもなく、医薬部外品の育毛剤を検討してみても良いのではないでしょうか。プロペシアの副作用のリスクはどんなに優れた医者でも100%避けれるということはないので、安全な育毛剤をまず使用してみること、出来る限り副作用のある療法は最後の切り札としておくべきですね。

 

副作用を避けたいのでれば、医薬部外品を選ぶべきです!副作用のリスクのない医薬部外品も厚生労働省に安全性や効果が認められた確かな商品です。医師の処方が必要無いだけあって、効果も医薬品に比べると緩やかなので自身でのケアに気軽に使用できますよ。副作用の心配はありませんので、安心です。

 

50代の半分近くの方が薄毛?

髪の毛は男性ホルモンや遺伝の影響を受けやすいと言われていますよね。そうでなくとも、老化現象で今まで豊富にあった髪の毛は、だんだんと薄毛に向かっていきます。

ところで、50代の方の半分近くが、薄毛に悩まされていると言われています。

結局のところ、40代までに薄毛の悩みが無くても、50代になるとそれだけ多くの方が薄毛に悩まされると言うことなのです。ただ、薄毛も他の老化現象と同じようなものですよね。年齢とともに物覚えが悪くなったり、シワやシミが出来たり、体力的にも衰えを感じます。

 

薄毛は頭皮や髪の毛が老化して起こるものとして考えることが出来ます。老化現象は今まで正常だったヘアサイクルも、変化させて薄毛のヘアサイクルに変化させてしまうのです。成長期が短縮されて髪の毛が成長を全うせずに抜けてしまうと、生えてくる髪の毛が抜けてしまう髪の毛にとても追い付かなくなって抜け毛ばかりが増えてしまいます。

 

抜け毛の本数が150本を超えてしまうと、もう数年後には薄毛になっている可能性が高いです。でも、老化現象の中でも、物覚えは出来るだけ頭を使おうとすれば、衰えを最小限にすることが出来ます。シワやシミも化粧品で基本的なケアを行うことで、多少は肌の衰えを防ぐことが出来ます。体力的な衰えに関しても、適度な運動を心掛けることで少しでも今までの体力を維持しておくことが可能です。薄毛もこのような老化現象と同じで、頭皮ケアを頑張ることでヘアサイクルの乱れを最小限に抑えることが出来ます。もちろん、老化による頭皮の問題は、ケアの問題だけではないですよね。

 

体全体的なアンチエイジング対策も重要です。私たちの体は年齢とともに代謝が落ちて血行が悪くなりますが、これをいかにして予防するかが薄毛の予防に繋がります。何も努力しなければこのまま老化現象は進んでいきますが、生活習慣や食生活に気を付けることで代謝や血行の衰えを遅らせることが出来ます。